読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

長女ズー子二十歳のバースディ

今日は長女の誕生日。

20年前と同じように春の光が照っています。

 

あの日 出産の兆しがあり、早朝に入院した私は

産院の窓から草川の流れに遊ぶ鳥を眺めつつ、

「生まれくるこの子が育つ世界が どうか安寧でありますように。」と

ただ願っていたことを覚えています。

 

 

おりしも、その年の初めに阪神大震災が起き

そして一週間ほど前には、世間を震撼させた 

あの宗教団体の事件がありました。

 

きれいごとでもなんでもなく、

本当に心から ただ平和を願っていた・・・

若く頼りないだけの母親でした。

 

その願い叶ってか 長女は

「のほほ~ん」が服を着て歩いているような

気ままなノンビリ屋に育ちました。

 

平和を愛し 争い事を好まず

他人の悪口を決して言わない。

まぁ、こう書くと人格者のように思われるかもしれませんが

そんな立派な雰囲気でもなく。

 

「争いの場には出向かない」のかなんなのか、

小学校も早い段階から 行ったり行かなかったり。

それが中学を経て高校まで続きました。

 

途中からシングルマザーでしたから 教師にはその環境のせいにされたり、

再婚したら再婚したで、私の生き方のせいにもされたりしました。

「学校に行け。」と 長女の胸ぐらつかまえて どつき合いにもなりましたし、

教師やカウンセラーにははっきり「親のあなたが悪い。」と犯人扱いもされました。

 

しかしですね、こういうことは犯人さがししたとて 埒などあきません。

たぶん、本人にだって どうしたいのかがよくわかってないんですから。

 

「迷惑をかけた第三者には 親として子どものかわりに平身低頭謝る。」

「その姿を子に見せる」

「子どもに学校に行くことの大切さを言い続けるけれど、

 それが本人に伝わるのは親が死んでからかもしれないと覚悟する。」

 

これだけ肝に銘じて、あとは何もしなかった。

これは時間薬しかないかもな・・・と思って。

 

 

f:id:hiro80classic:20150326143735j:plain

中学時代、部活の試合。

応援に行けば、試合そっちのけで昼寝なんかしていて。

写真も撮らせてくれず。

 

 

 

f:id:hiro80classic:20150326143734j:plain

でも、バイクのイベントなんかには後ろに乗ってついてきてた。

そして「いつかレプソルに乗りたい。」なんて言ってたけど、

数年後に本当に乗るとは!!(この画像は1000ccだけどネ。)

 

 

 

f:id:hiro80classic:20150326143736j:plain

高校時代の自画像の

おどろおどろしいこと。

 

・・・母ちゃん、ゾッとしたよ。

 

 

f:id:hiro80classic:20150326140920j:plain

あの「のほほ~ん」ちゃんが、

大学生になって バイトに励んで

(それも、バイトは真面目に休まず通ったらしい。)

自力でバイクを買うとはね!!

見損なってたけど・・・見直したよ!!!(笑)

 

ともあれ 今日からはもう立派な成人。

これからの人生に 幸あれと祈ります。

 

しかしね・・・ほんと、昔のキミには苦労したよ!!

あ、お互い様かな?(笑)