読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

父の入院そして手術

お知らせ

先週、父親が救急搬送されICUに入院しました。

 

病名は「腹部大動脈瘤切迫破裂」

痛みで耐え切れなくなり、自力でタクシーを呼んで近くの病院に行きましたが

そこでは緊急手術ができない、とのことで救命救急センタ―のある病院へ転送され、

3日後には瘤の部分にステントを入れる手術をしました。

 

父は3年前くらいにこの持病があることを告知されていたのに、

それきり逃げて 診察を受けていなかったらしい。

それも、今回入院した病院から逃げたと。

 

私は両親が離婚して以来30年、父とはほとんど縁切り状態だったのですが

命にかかわる病気だということもあって

今回だけは面倒をみようと 東奔西走しています。

 

ここに書くのはやめますが、家族だった頃の父の言動がよみがえるたびに

怨恨と憤怒そして虚無感と情けなさに苛まれ、

自分の家庭と父の見舞いや身辺整理との両立は大変疲弊し、

「こんな父親のことはいますぐに投げ出したい!」

と思うことしばしばでした。

 

でも、今日病院で面談したケアマネージャーさんと包括センターの支援員の方が

「娘さんの気持ちわかります。私もお父さんに怒鳴られました。」

「わたしも。酔っぱらってしつこく電話されました。」

と話されているのを聞き、

他人様に迷惑かけてる親を投げ出すわけにはいかない、と思いました。

 

そんなわけで、なかなかブログも更新できていないのですが

父のことは、後ろを振り返らずに明るい気持ちで綴っていける日が来るよう、

もう少しだけ頑張ってみたいと思います。

 

 

今後ともこのブログと、お付き合いよろしくお願いします。