姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

夏の終わりの薔薇

薔薇を育てて2年目。

まだまだ初心者の姉御です。

 

一昨年の誕生日に母からもらったリオサンバと

去年の冬に売れ残りを買ったクリムゾンスカイ

そして今年の春にこれまた売れ残っていた、

アプリコットキャンディ。

 

3つの鉢植えをお世話するだけで

精一杯。

美しく香しい薔薇は、

人間だけでなく、虫たちにも大人気なのです。

 

毎日、朝夕に目配りできていれば

病気や虫食いに気づけるのですが、

雑事に追われてちょっと見ない間に

あっと言う間に元気がなくなってしまう。

 

幼い子がいて、

これから仕事を再開するとなると

当分はこの3鉢だけを愛でていくことになりそうです。

f:id:hiro80classic:20150922142624j:plain

つる薔薇「クリムゾンスカイ

先月、手前の元気なシュートに

巨大な尺取虫がついてしまいました。

小さな虫が、あんなに大きくなるまで気づかなかったとは。

大反省です。

つる薔薇は夏剪定をせず、

枝を延ばして来春に花を咲かせる準備をします。

 

 

f:id:hiro80classic:20150922142544j:plain

左が「アプリコットキャンディ」

右が「リオサンバ」

 どちらもハイブリットティーという種類で

大輪の花が咲きます。

 

夏負けで葉が少なくなってしまうと

剪定を控えなければならないのですが

これくらい葉があれば大丈夫でしょう。

上の方、1/3くらいを切りました。

 

リオサンバの方は鉢が小さくて

根が回ってしまっているのか?

それともコガネ虫でもいるのか?

(実は1匹、出てきたのでたぶん、もっといるはず)

ちょっと枯れちゃっています。

なんとかしないといけません。

これから調べて対処します。

 

 

f:id:hiro80classic:20150922142232j:plain

ジャーマンアイリスの上で赤とんぼが羽を休めていました。

風が秋の気配を運んできます。

 

f:id:hiro80classic:20150922142702j:plain

おばあちゃん犬のユズ子も先月、無事に16歳に。

あの暑さの後、

首をかしげるほど肌寒かったこの夏を乗り越えました。

足腰は弱ってきていますが食欲旺盛。

誰かが来ると元気に吠えて、番犬ぶりを発揮しています。

 

 

f:id:hiro80classic:20150922142749j:plain

こぼれ種で毎年ふえるコキア


移植を嫌うので、庭の縁取りをイメージして

いらない幼苗を抜くのですが・・・

毎年、うまいこといきません。

乱雑な雰囲気になっちゃって。

コキアが綺麗に並んでいるお庭を見かけると

すごいな、って思います。

これから晩秋に向かって冷え込んでくると

真っ赤に色づきます。

種を食べたり、箒を作ったりもできるみたい。

我が家では「ボエボエの木」って呼んでいます。

 

さて、今日も薔薇の様子を見てから

お墓参りに出かけるとします。

よいお中日をお過ごしくださいね。