姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

アンティークはご機嫌ななめ




北風吹きぬく寒い朝も
なんか心がけひとつであったかくなる・・・
そんな歌を、小学生の時に担任の先生に
歌わされたことを思い出す姉御です。
ボンソワ、ムシュ。ウィ、マダーム。


そんな厳寒の朝も、
夫はウィンタージャケットにオーバーパンツで
ブルルキュキュ、
ブルルルキュキュキュ!ブルンブルンブル~~~~ン!!
・・・と、通勤バイクXLR(改)のエンジンをかける毎日。
f:id:hiro80classic:20110916103600j:plain



ところが今日はいつまでたっても
ブルル・・・
ブルル・・・
ブルル・・・

・・・し~~~ん・・・


さすがアンティーク!機嫌悪いんだわよ。
人間が寒けりゃ、バイクだって寒いわけで。



ちなみにアンティーク、と名付けたのは娘1号。
娘がまだ、自分のバイクを買う前。
f:id:hiro80classic:20140823153405j:plain
LMW部???(画像は本文とまったく関係ございません)


自分が卒業した高校の文化祭に
このXLRを借りて出かけたのはいいが、
激重たいクラッチに
信号待ちの度に息の根を止めるエンジン。
中型二輪免許ペーパー状態3年の娘には手に負えず、
思わず叫んだらしい。。。


「なんなの?!このアンティークは!!」

アンティーク。なんて優雅な響きなんでしょう・・・
なんとなくパリのアパルトマンの佇まいまで感じる。
こんな風に呼んでもらえるなんて(笑)



ちなみに本当にまったく本文と関係ないんだけど
この娘1号が小学生の時に使ってたお習字道具、
次女が使えるかな?と中身を改めてたら
f:id:hiro80classic:20141204211957j:plain
・・・謎の書初め?が出てきました。



腹でも減ってたんでしょうか。
謎です。



暦の上では今日から春。
明日はアンティークのエンジンがかかりますように。