読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

吉夢♪

姉御の日常

f:id:hiro80classic:20170124003948j:image

葬式に参列している夢を見ました。

でも、嫌な感覚は無くて

むしろ気持ちがキリっとしていました。

またまた、吉夢らしい。

 

祖母の生家が神社でして、

母もそのつながりで、若い頃は巫女でした。

母の人生は、娘の私からみてもかなり過酷で、

神に仕える仕事を経験した母が、

後に辛酸を舐めつつ

「神も仏もあるものか」と言葉にするのを

聞く毎に、

なんとなく、

こっちまで切ない気持ちになったものでした。

 

この一年は母ではなく、今度は私が、

病を得たり、人に裏切られたりして。

かつて母がよく、そう口にしていたように、

「神も仏も、いないのかもねぇ…」と、

折に触れて、思う日々でした。

 

 

でも、まてよ。

時間と心に余裕があった去年までのように、

毎朝、神棚に柏手を打っていたか?

朝に夕に、

「今日もお天道様に顔向けできるよう、

真っ正直に仕事をさせていただきます」

と、誓った通りに、精進していたか?

 

答えはどう考えても、ノーでした。

神も仏もあるものか、と投げやりになって

何かを失くしていたのは、私の方。

去年の大晦日に、神棚のお掃除さえ

おサボりだったんですよ。

そりゃ、神様だって呆れるわな。

 

先週、神棚を綺麗にしてから

なんとなく、

家の空気が澄んだような気がします。

いい夢みるのも、そのせいかな?