読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

スプラトゥーン!





やっと週末!!

毎日寒いけど・・・片道20kmの道のりを
元気に通学している姉御です。
もうかなりいい感じのオバチャンな私でも、
金曜日の帰り道は心がウキウキします!!



ややっ???



f:id:hiro80classic:20160205161833j:plain
冬空に入道雲が。
こんな季節に・・・思わず信号待ちでパチリ。




f:id:hiro80classic:20160205162142j:plain
これは・・・筋斗雲にしちゃデカい。
ラピュタかも・・・バルス!!
そういえば、
むかし読んだスピリチュアルな本に
「変わった形の雲は実はUFOで、
 宇宙人が乗って様子を見に来てる」
・・・と書いてありました。



実は、ちょっとだけ信じてたりします。




f:id:hiro80classic:20160205185625j:plain
こんなの落として行きましたもん・・・その雲から。




冗談です(笑)
久しぶりにUFOキャッチャーで取りました。
実は、私のストレス発散法はクレーンゲーム。

お目当ての景品が取り易いかどうか?
(置き場所によっては絶対取れない)

アームのつかむ強さはちゃんと設定してあるか?
(かなり細かく設定できるようですが、
 ここでは営業妨害になると困るので書きません)

左右どちらのアームが効き腕か?
(景品を引っかけたり持ち上げたりする場合は、
 より力強く動く利き腕の方を使います)

まず一回やってみて見極めます。

お金を使う上限は、財布の中の小銭。
もうちょっと!という時には
一回だけ千円両替します。



先日、三次元測定機の実習がありましたが
UFOキャッチャーで鍛えた感覚が
ほんの少し役に立ったような気がしました。
(ほんとかな???)



ゲームには苦い思い出もあります。
小学校高学年~中学生の頃、
ラリーエックスやらインベーダー、
パックマンとかゼビウスなどの
いわゆるテーブルゲーム機が大流行しました。



近所のなんてことないスーパーマーケットの
ちょっとしたゲームコーナーにも置いてありました。
もともと「何かを操作する」っていうのが
好きな性分なんでしょうね。
特にインベーダーとパックマンには熱狂し、
ゲームに興じているとまわりに人だかりができるほど上達しました。



ところがある日、
母ちゃんの財布から軍資金を拝借していることが露見して
ギャラリーの見ている前で
目から火花が散るかと思うほどブッ飛ばされました。
あまりにゲームに夢中で、
背後からラスボスが迫ってきていることさえ
気付かなかったのです・・・
その日から急激にゲーム熱は冷めました。




インベーダーもパックマン
大人になってからダウンロードしてやってみたけど
もう全然上手じゃないし、あの頃みたいに楽しくなかったです。




私の子どもたちもどうやらゲーム好きです。
(3歳の末っ子はまだわかりませんが)
週末や長期の休みは、寝食忘れて兄妹でゲーム三昧です。
親としてはほどほどにして欲しいな、と思ってますが
ここだけの話、血筋なのかも・・・




上の子たちの場合、
当時は友だちみんなが持っていたゲームボーイ
一番最後まで買い与えませんでしたし、
野外活動に長けて欲しいとボーイスカウトに加入させたりしましたが・・・
親の思惑に反して、超インドア派に育ってしまいました。




ちなみに画像の景品は次女の大好きな
スプラトゥーンというゲームのキャラクターです。
イカだそうで。
ペンキ塗りをイカと競うとか。
いろんなゲームがあるもんですね。