読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

履歴書と格闘してたらこんな時間。






公共職業訓練も、今月末で修了予定。
クラスメートの半数近くは、
すでに就職が決まって退所しています。




訓練生はある時期から、
自分の求職情報をデータベースに掲載してもらえます。
(載せたい人だけ。任意です。)
それを閲覧した企業様から、
「応募しませんか?」とオファーを頂けることがあります。




私ももちろん、年齢や性別も露わに(笑)
簡単な職歴とともに掲載していただいてます。
若い方たちにはたくさんのオファーが来ていました。
こんな私にも数件のオファーを頂戴しました。
(前職の経歴で経験値有り、と評価してくださるようで)




でも、いざ求人票の勤務条件を拝見してみると
ガックリと肩を落とすことの連続です。
納期に追われる設計や設計補助、
出図期限の迫る作図の仕事には残業がつきものです。
そんなことは、前職が前職ですから十分わかっています。
(末っ子がお腹にいた時も、多忙な時期は
 夜9時10時まで残業はザラでした)

でも今しばらくは、以前と同じような働きかたは不可能です。




「3歳児を〇時までにお迎えにいかなければ
 なりませんので、勤務可能時間は×時までになります。
 御社の条件にそぐうことができず恐縮ですが、
 応募を見合わせたいと存じます。」




お断りするたびに、どんどん自分が小さくなって 
救いようがない人生のような気がしてきます。




高齢で産んだ末っ子。
できれば小学生くらいになった時、
「ただいま」と帰宅したら
「おかえり」と迎えてあげられる。
そんな暮らしがしたいと思っていて、
短時間のパートで無理なく働くのが理想でした。




しかし、年金暮らしの親の老後の世話と
看取りが待っている。
これからひとり立ちして
所帯を持つかもしれない上の子たちがいて、
自分の老後の心配や家のローン返済もある。
金利は下がってついにマイナスに!!
ほそぼそ積んでる旦那の会社の確定拠出年金はどうなる?!
60歳から65歳までの間、どうやって生き延びようか・・・




もろもろの事を思えば、
フルタイムで働けるうちは働かないと!!と
こうして座っていても、お臍の辺りがムズムズしてきます。
これでまた、4月に消費税が上がるんでしょうか・・・はぁ。




とりあえず、焦らずに腐らずに。
就活・・・頑張ろうと思います。
それにしても・・・履歴書を訂正しちゃいけないってルール、
結構ツラいですね。
2枚もダメにしてしまいました。ぐすん。