読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉御草紙~街角の赤いハーレー~

猫と暮らして半世紀 バイクと出会って四半世紀 大好きな猫とバイクとの日々を綴っていきます

十九歳、これが私のレディースバイク

姉御の愛車遍歴

「オートバイは後ろに乗せてもらうより、自分で運転したほうが楽しそうだ。」
・・・それを知ったのは、16歳。
「原付バイクではなく、オートバイに乗りたい。」
・・・そう心に決めたのは、18歳。

 

当時は国家資格を2年間で2つ取得する学校へ通っていたので

長期休暇ごとに施設実習などもあり、かなり多忙な学生生活でしたが、

その合間をすべてファミレスのバイトに費やして

教習所に通う費用とバイクの頭金を貯めました。

 

 

たしか、教習料は10万円でお釣りが来た記憶があります。
(すでに普通車の運転免許を持っていたのでかなり安くなった)

ただ、やはり改めて自分が乗るために傍に立ってみると、

オートバイは信じられないくらい「でかいな。」という印象でした。

 

教習所に入校する時、事前審査というものがあって

・倒れているバイクを起こす
・起こしたバイクのスタンドを立てる

これをクリアしないと入校が許可されませんでした。

この二つはコツさえ掴めば割と楽なんですが、

私が出向いた教習所はこれに加えて

・2本のパイロンを回ってバイクを8の字に押して歩く

という事前審査がありました。

 

・・・教官が呆れるほど時間がかかった上に、左右にバタンバタン倒しまして。

いまみたいに代謝も悪くないですから(笑)真冬だというのに汗だく。
ズタボロになってやっとスタート地点に戻った私に教官から驚愕の一言。

「そんじゃダイジョブそうだから外周だけまわってきてもらうべ。
 ギアは左手でクラッチ握ったら左足踏み込んでロー、上げてセカンドだから。
 最初はそれで走ってこれっから。」

 

「え~?!いきなりですか?乗れません。」

そう答えて振り向くと、同じ日に入校した知らない男の子は
何食わぬ顔で教習バイクに跨って発進していきました。

「(@_@;)!!!!!」

 

「乗れるんだんべ?

 え??

 な~んだ、ほんとに乗れないんけ?やっぱりおねぇちゃんだなぁ・・・。

 しゃーねぇなぁ。んじゃ後ろに乗って。教えっから。」

・・・いや普通そうでしょ(笑)

 

ともあれ入校を許された私は
苦手なS字とクランクで数時間乗り越したものの、
(手が小さいので半クラッチが保てずレバーを離してしまい、

 急に速度と勢いが増してコースアウトして転倒するというパターンでした)

11日間の教習で無事に卒業できました。

 

そして、その2週間後。
初荷の幟を立てたバイクショップの軽トラックに載せられて
私の初めてのオートバイが我が家にやってきたのであります。

 

 

f:id:hiro80classic:20150122134432j:plain

SUZUKI GSX-R250(GJ72A)1987年-1989年

エンジン 248cc 4ストローク 水冷DOHC4バルブ直列4気筒
内径x行程 49.0mm x 33.0mm
最高出力 33kW(45PS)/14,500rpm
最大トルク 24Nm(2.5kgf・m)/10,500rpm
乾燥重量 138kg
全長x全幅x全高 2,000mm x 700mm x 1,105mm
ホイールベース 1,370mm
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション 前 φ38mm正立テレスコピック式 後 スイングアーム式
ブレーキ 前 油圧式ダブルディスク 後 油圧式シングルディスク
タイヤサイズ 前 100/80 17 後 130/70 17
本体価格 539,000円

Copyright reserved Wikipedia.